warning icon
YOUR BROWSER IS OUT OF DATE!

This website uses the latest web technologies so it requires an up-to-date, fast browser!
Please try Firefox or Chrome!

 

僕はティティ☆

体重、今日は何g?

 

昨日は345g…

今日は368g( ..)φメモメモ

まだまだ平均より軽いね。

 

 

ハリネズミライフに小さな発見と幸せを…

 


はじめよう!ハリネズミの体重管理

自分でできる10の健康チェック

 

1.排泄物の変化は?

2.行動の変化は?

3.皮膚や被毛、針、爪の状態は?

4.目や鼻、耳の状態は?

5.食欲や食事量の変化は?

6.体重の変化は?

7.呼吸に変化はない?

8.しこりや腫れはない?

9.肛門・生殖器まわりの汚れは?

10.なんとなくいつもと違う?


今回クローズアップするのは、6番の「体重」についてです(*^^*)

 

こちらは「我が家の体重測定コーナー」

ハリネズミさんの別名「お庭の妖精」にちなんで、ガーデン風に作ってみました。

フォトブースでもあるので、脱走防止に四方を囲ってあります。

体重計はデジタル体重計を使用。

椅子に座らせていますので、すぐには動けないのがポイント!正しくはかれます。

「あらティティ、ぺろりんちょしてる…うんうん、次はミルミルの時間ね。」

体重管理は飼い主の大切な役割のひとつ

 

ハリネズミさんは痩せているのか太っているのか体型で判断するのが難しい動物です。平均体重を把握しておくと肥満や痩せすぎにいち早く気づくことができるので、体重測定は日常の健康チェックに欠かせないものだといえます。

一般的なハリネズミさんの平均体重と愛ハリネズミさんの平均体重をこまめにチェックすることは、体調確認のバロメーターになります。

体重計の機能や測定の頻度、体重や見た目でも気になる変化はないか…我がコチェックをしてあげてくださいね。


一般的なハリネズミの体重は?

ハリネズミさんの平均体重は、一般的に250~600g程だといわれていますが、個体差があるため確定はできません。

性別で見ると、成熟したハリネズミの標準的な体重は、オス500~600g、メス250~400gといわれています。

生後2~3か月で独り立ち、6か月で性成熟、1歳くらいで体調は成熟と考えると、1歳以降の標準体重がそのくらいということになります。月齢から見る平均的な体重に関しては末尾の方で詳しく触れたいと思います。


月齢と体重の変化

上のグラフは、母親から話すことなく育てた場合のハリネズミの体重グラフです。輸入や早くから母親から反された場合は、環境の変化や餌を十分に食べられない時期があり、グラフとかけ離れた体重になってしまうことがあります。

上の線(緑)は重い個体の体重、下の線(水色)は軽い個体の体重になりますのでこの間が推奨される体重のゾーンになります。

 

参考:体調から見た体重の目安

全長は14~21㎝で、体重が250~600gとした場合の、身長に対する平均体重の簡易イメージとしてお考え下さいね。身長の数で体重を割っただけの単純なもので正しいBMI計算法での算出ではないので、あくまでおおよその目安くらいに考えてください。

身長 体重
14㎝ 250g
15㎝ 300g
16㎝ 350g
17㎝ 400g
18㎝ 450g
19㎝ 500g
20㎝ 550g
21㎝ 600g

 

体重測定は絶対に必要?体重測定の頻度は?

毎日測定してあげると体の異変にいち早く気づくことができます。飼育ハリネズミさんは太りやすい傾向にあります。病気などで体重が落ちた時も体重をはかっていればすぐに気づいて観察&病院通院ができます。少なくても週に1度は体重を図ってあげてください。


体重計の選び方

ハリネズミさんの健康管理に必要な「体重計」ですが、クッキングスケールで大丈夫です。1g単位ではかれるデジタル式のキッチンスケールで、形は高さのないフラットなものが使いやすく安全で便利です。このスケールは餌の軽量にも使えます。


ハリネズミの体重の測り方

体重計に乗せるときは、タッパーでもトレイでもなんでもいいので容器に入れて容器ごと体重計においてください。動きを止められれば、重さが確定するまで多少数字の変動も短時間で済みます。

高さのある容器を載せて、そこに入れるとじっとしてくれる確率が上がりますが、浅めの容器だとすぐに動いて降りてしまうことがあります。丸くなる習性を活かしてはかるのも一つの方法です。

この際、先に容器の重さをはかっておいて後から忘れずにマイナスするか、容器を置いて計測を0にしてからはりねずみさんを乗せるか、やりやすい方で行ってくださいね。


体重の変化を記録する

体重は定期的に測り、記録しておきましょう。成長期や妊娠中以外で、体重が急増したり、急に減ったりした場合は注意信号です。


日頃から見た目もチェックする

個体差が激しいので、飼育しているハリネズミさんの「体の大きさ」「骨格の違い」「筋肉の量」を考慮して、適度な体型を見つけてあげてください。ハリネズミの理想の体型は洋梨型のぽってり系です。

 

 体 型 で 肥 満 度 チ ェ ッ ク ! 

 

左は普通のはりねずみさん、丸まれてます。

 

右は「ビッグな子」の愛称があるジャバ、

どうみても丸まれてません。

Phil Yeomans
/BNPS

 

 

・お腹の脂肪が邪魔でしっかり丸まれてない。

・唾液でのグルーミング(アンティング)が出来ない。

・歩くときにお腹が地面に付いている。

・首周りや前足の付け根などに二重あごのように脂肪が溜まっている。

・上から見たときに腹部が膨らんで目立つ。


肥満は怖い!

・お腹を擦って歩くようになると、生殖器が床材で傷つき、尿路感染などの感染病になる可能性もアップ。

・体重が増えると、体を支える関節や骨への負担が過多に。慢性の運動不足に。

・脂肪が増えると、脂肪肝や高脂血症、心臓疾患、糖尿病等を起こすリスクがアップ。

・心臓や肺への負担や麻酔から醒めにくくなったり、手術に時間がかかる、傷口がきれいにふさがらない、ふさがりにくいなどのオペでのリスクもアップ。

・免疫力の低下を促進する。

・過度な脂肪のために体内の熱が発散されにくくなり、熱中症にかかりやすくなってしまう確率がアップ。

・セルフグルーミング(毛づくろい)が上手にできず、皮膚のコンディションが悪くなり、皮膚疾患を起こしやすくなる。

・たるんだ皮膚がひだ状になり、湿っぽくなったり、皮膚疾患をおこしやすくなる。

・皮下脂肪が邪魔をして、体を触る健康チェックまたは病院での触診検査がうまくできなくなる。


太りすぎに気づいたら…

まずは、運動の機会を増やしてください。

いきなり断食とかゴハンを飼えるのはNG。運動不足が原因の場合が多いので、食事量に合った運動をさせるようにしてください。回し車やスロープ、巡回ルート、へやんぽ、ゴハンも数か所に少量づつ設置してたくさん歩くようにするのもお勧めです。


食事量とおやつの見直し

食事は「高たんぱく、低脂肪」を心掛け、ハリネズミさんが気づかないうちに本当に少しだけ減らしていきます。いきなりの食事ダイエットはハリネズミさんにとっては命取りになりますので全体にやめましょう。断食は肝臓に脂肪を送り込んでしまい、肝臓に負担がかかり、脂肪肝になってしまいます。便の状態を確認しながら、無理のない範囲で行うようにしてください。


フードの種類の見直し

ハリネズミさんは高カロリー高たんぱく質を望むため、今美味しいと感じながら食べているフードから低カロリーのまずいと感じるゴハンに変えてしまうと、グルメなハリネズミさんは一切食べなくなってしまうため危険です。おやつやミルワームのあげすぎにも注意しましょう。ダイエットフードもありますが、ハリネズミさんが好むかどうかはわかりません。おやつをよくあげている場合は、まずは高脂肪なミルワームを減らしましょう。

 

また、研究者による検証によると…

「いっぱい置いておいても過食をしない」と量による過食の心配はないと示唆した発表がありました。1日に30~70kcal分の量が適当といえるのかもしれません。ハリネズミフード以外の食事を与えている場合、特にフェレットフードは嗜好性が強いため、過食傾向になりやすく、キャットフードも太りやすくなるため注意が必要です。

 

 痩 せ て い る 場 合 も あ る 

お尻がどっしりしていないハリネズミは少し痩せていると考えられます。

ハリネズミさんは体調悪化のスピードが速いので、体重が減ったら要注意です。体重が増えない原因を調べてみましょう。


あれ?痩せているかも?と思ったら…

食欲はありますか?ハリネズミさんは、多少の食欲の偏りは見られますが、大好物を食べなかったり、一日中なにも食べないことはありません。また、口の中が痛いと食べ方が変わることがあるので、食べている時の様子も観察してみてください。


もしかしたら、体格的に小柄タイプ?


小柄のハリネズミさんだと小食だからという場合もあります。小柄であれば体重が増えなくても特に心配する必要はありません。


体重が減っていく…

体長不良や病気の場合は命に関わってくることもあるので注意が必要です。もし、長期にわたって体重が増えない、または減る場合は一度動物病院で診察を受けましょう。

 

 ハ リ ネ ズ ミ は 成 長 が 早 い 

ハリネズミの赤ちゃんは、他の動物に比べて成長が早いです。生まれてくるときは針は隠れているのですが、1時間もしないうちに針が現れてきます。24時間もするとすべて生えそろい、14~18日位たつと目の耳の穴も開き、母親の食べ物を食べたりします。

 

そして18日頃から入試が生えはじめ、すべての乳歯は9週までに生えそろいます。41日目位になると、もう立派なハリネズミに成長しています。


子供の時期は大きく体重が推移する

誕生したときのハリネズミさんの体重は、オス約13g、メス約9gだそうです。

1週目は毎日1~3g、2週目は毎日3~4g増え、10日もたつとオスで約120g、メスで約80g(平均40~130g)にまで成長。ちなみに3~4週目は毎日4~5gアップ。

ハリネズミさんが大人としてみなされるのは離乳する生後二か月後位で、その頃には250~500g程に成長しています。

60日頃までは毎日7~9g増えていくので、3~6か月頃にはオスは約450g~600g、メスは約315~450gにまで成長します。

 

 我  が  家  の  場  合   ティティの体重測定

なんだかたそがれてるティティ…仙人!?いえ、だるま化してます(;^ω^)

 

数字がはっきりしているほうがわかりやすいので、デジタル式のフラットタイプを使用しています。

フシュフシュ状態でもはかれるようにチェアを用意し、丸まった状態のティティを座らせます。

まずはしっかり丸まれているかを見た目でチェック!お腹の脂肪が邪魔になっていないかを確認します。

お尻のどっしり感は、チェア移動前の「寝袋でのハリケツ」で確認。

丸まっていたティティの体が開いてきたら、足元や首周りを観察します。首周りや前足の付け根などに二重あごのように脂肪が溜まっていないか…

お腹の皮膚の状態や爪の長さ(回し車をあまり回してないときは伸びるため)

お腹側にしこりや腫れ、けがはないかも確認。

肛門・生殖器周りの汚れの状態もチェックしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

loading
×