神社と寺院の違い

日本人は寺院も神社も親しみがあり、両方へ気にせず詣でることが多いと思います。

とはいえ神社と寺院は、役割が全く違っていたりします。

 

寺院

 

ブッダを開祖として、五三八年に日本に伝来した仏教の教えに基づき、建てられたもの。

仏法に従えば国を護り鎮めることができるという考えが根本にあり、国家鎮護の祈願場として整備が進められたそうです。

 

神社

 

古来より日本人は山や草木、巨石といった万物に魂が宿ると信じ、「八百万の神」と言われるほど多くの神々を崇拝してきました。

それらの神々が宿る神聖な場所に祭壇を設け、小屋が建てられ、社殿、本殿へと発展を遂げたのが今の神社だそうです。

 

それぞれの特徴をまとめてみました。

 

神社(神道) 寺院(仏教)
定義 神様が住む場所 僧侶が住み教義を勉強する場所
崇拝対象 複数の神様が信仰の対象:多神教。 「苦しみ」と見なされる人の世が未来永劫続く輪廻転生の輪から、

修行によって悟りを開いて抜け出す(解脱)こと

八百万(やおよろず)の神々

山・森・石・神木など

特定の人(皇族・菅原道真他)

仏陀、「仏」として崇められた高僧など

仏様(大日如来、薬師如来、釈迦如来、地蔵菩薩、不動明王など)

 

総称「八百万の神」山・森・石・神木などの自然の物

特定の人等、森羅万象の様々なものを神格化。

本来、何かを信仰するという考えはなかったそうです。

開祖:仏陀やその他の仏などを信仰の対象としたのは

一般の人にわかりやすくするため。

聖職者 神職(神主)、巫女 僧侶、尼僧、住職
神主:神社に仕えて歳事や社務、祈祷などを行う役職。

巫女:神主の補助、神事で神楽や舞を奉仕する巫女と

補佐的な役割を担う巫女がいる。

基本的な仕事:お寺でお経を唱えることや説教、読経

寺院や墓地の管理。

「和尚」は教えを説く僧侶、「住職」は寺に住み込んでいる僧侶。

教典 教典は存在しない 釈迦(仏陀)が説いた教えを記録した「経典」が教典。
神道の世界観:様々な神様の力を借りて成り立っている世界。

神々の力を上手く借りられる方法論が教義の元。

宗教施設 神社(鳥居+参道+社殿) お寺(枯山水や日本庭園があるところが多い)
神社の役割:神様が祀られている参拝場所。

入口は「鳥居」「参道」と続き、

脇に手と口を清める「手水舎」、

その先に神様が祀られている「本殿」

僧侶が仏教修行を行う場所として始まり、

仏陀神格化と共に仏塔や仏像、それを収める仏殿などが誕生。

入口は「山門」元々仏陀そのものを表す「塔」と

本尊の仏像を安置した「金堂」などが内部に存在。

参拝方法 二拝二拍手一拝、二拝四拍手一拝 合掌
お賽銭を入れたら2回礼をし、手を二度叩いて、

再度一度拝礼

「二拝二拍手一拝」(大社は「二拝四拍手一拝」)

お賽銭を入れた後、拍手は打たずに胸の前での合掌
願望 現世での幸せを願う 死後の極楽浄土、又は現世での幸せを願う
特徴

 

神社への参拝は、穢れを清めるためのお祓い方法の一つ。

今までの穢れを清めて、心機一転の決意表明をする」

という意味合いがあります。

まつられている仏様で現世か来世かが異なります

自分の行動でより良くしていく「誓う」という事になります。

鳥居、鈴、千木(ちぎ)、鰹魚木(かつおぎ)

注連縄(しめなわ)

数珠を持つ、鐘をつく、護摩を焚く、お線香をあげる。

鐘、鰐口、墓地

ご神体は秘匿。

参拝後に希望すれば「御朱印」を書いてもらえる。

お仏像などを常時拝観可能。

参拝後に希望すれば「ご朱印」を書いてもらえる。

   

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です