warning icon
YOUR BROWSER IS OUT OF DATE!

This website uses the latest web technologies so it requires an up-to-date, fast browser!
Please try Firefox or Chrome!

狛犬の起源は遥かインドに遡ります。仏像を守る守護獣として、仏像の両脇にライオン像を配置したのが起源です。
そこから、中国を経てライオン像は獅子像と、有角の狛犬像とに別れ日本に至ります。

コマイヌの語源は朝鮮経由で伝わった事から高麗犬ではないかといわれています。また、獅子の事をよく唐獅子と言いますね。この唐は中国の唐王朝に限らず、「中国の」という形容詞としてよく使われます。

日本に狛犬が伝わった時にはすでに神仏習合していましたから、狛犬は元来の仏教の守護獣としても、神道の守護獣としても使われます。

金剛力士に見られる阿吽の対は日本で生まれた宗教感で、獅子と狛犬の見分け方は角が有るか無いかです。有角の方が狛犬です。

しかし、厳密に狛犬と獅子を対にしている神社は減りました。現代の石工の中には知らずに造っている方もいます。

ですから、狛犬と獅子を双方ともに「狛犬」と呼称しても間違いではありません。

狛犬は仏教から排除された訳ではありません。現在でも古いお寺には狛犬があります。たしか東大寺にあったはずです。また、寺の堂内の襖絵なんかには今でも書かれます。

ただ、石造りの狛犬像は日本人の意識として「神道のモノ」という意識があるので寺では見られなくなっただけです。

LEAVE A REPLY

loading
×